どもどもです

今日はちょっと嬉しい事があり、息子について語ります
Twitter見てる方はご存じかもしれませんが、僕の息子は「 発達障害 」です

でも、来年度は普通学級に移りましょうと、懇談で担任の先生から言われました
これが、どれだけ嬉しい事かは普通のお子さんを、お持ちの方には判らないと思いますが

経緯としては市の1歳半検診で発語が無い事で指摘され
専門の子供病院で診察を受ける様になり、発達障害が宣言されました
奥さんはショックだったそうですが、僕は冷静に受け止めました
今の社会制度ならば最悪、障害者枠で働く事も出来ます

でも僕は違いましたその日に発達障害の本を10冊買い猛勉強しました
どの本にも「出来るだけ早く家庭内で障害を減らす取り組みをすれば子供は伸びます」
(ただし普通にたどり着けるかはその子次第なので、みんながみんな普通にはなれません)

でも、息子が将来好きな職業に就き普通の恋愛をして普通に結婚して人並みの人生を送って欲しい
子を持つ親なら子供の幸せを願う物ですよね?

本当に3歳まで一言も発語はありませんでしたし幼稚園は障害専門の幼稚園でした
だけど、僕は教育機関で出来る事の限界(人的リソース)は理解していたので
家で息子と向き合い、色々な方法で息子を伸ばす努力をしてきました
具体例を書くときりが無いので、同じ境遇の方は兎に角発達障害について学んで実戦してください

一応僕の中で注意した事だけ2点あげます

・息子が興味を示した物は多少危なくとも僕が安全管理して何でも体験させる
・発達障害だからと臆病にならず、沢山の人に息子を会わせて話せなくても輪に入れた

その他にも、本で勉強した事を元に色々な取り組みを家庭内でしました。
結果3歳半ぐらいだったかな?初めて言葉を発しました。
嫁も僕もすごく喜び息子をメチャクチャ褒めました(息子も褒められてニコニコ)
例にしたことで沢山の人に会わせて輪に入っていたので
僕や嫁と他の人会話を聞いていた事で言葉のストックが出来ていたらしく
その後はドンドン新しい言葉を話し始め、幼稚園卒業時には会話は出来る様になり

校区内の支援学級へ進学できましたが、僕はそれでも家庭内で息子の成長を促す努力を嫁としました
すると「僕、お巡りさんになりたい!」と夢を語りだしたので
ならば普通学級に早く上がらないといけないので、勉強や知識や人格成型の為に
頑張って何か目標を与え、目標に到達したら息子を褒めて御褒美(息子が欲しがった物等)を与えたり
人との関わり方で良い言動をしたら褒めたり、逆の場合は厳しくしかったりしました

つまり、何かを得る為には相応の行動が必要である事や
人に対して良い言動をすると言う事の大切さを、学校任せではなく家でも行った訳です
結果、来年度から普通学級に編入になりました


半分自慢に聞こえてしまいますが、同じ様なお子さんを持った親御さんへ
ショックかもしれませんが親が障害と向き合い、その子に合った伸ばす方法を見つけましょう!

小さいうちから早く始めれば始めるほど効果的です

この記事が役に立つかは、閲覧した人次第ですしその子次第ですが
諦めずにやってみませんか?結果は誰も予想できませんが、それで障害が少しでも軽減すれば
本人は勿論、親御さんの苦労も緩和されるんです

長くなりましたが、僕の息子の発達障害についての記事は以上です
最後まで読んでくれた方には感謝します

アフィリエイトが多い当ブログですが、この話しについてはアフィリエイトは付けません